スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

やっぱりチャンピオン犬の血がいいの?

■--やっぱりチャンピオン犬の血がいいの?
>>>*** -- 2003/06/25-01:53..No.[27]
----------------------------------------
私は繁殖を考えてないし、うちのチワワも可愛いんだけど、
血統書にはチャンピオン犬の血統はついてないし・・。

やっぱりチャンピオン犬の血が入ってるの方がいいの?
でも私にはかわいい子なんです・・。


一生をともに過ごす子に血統なんて関係ないよねぇ。
私も生まれたときから家に犬がいる家庭に育って
当然いままでのうちの子は血統がない子もいるし。
でもその子と血統のある子を比較できないほど、
同じように愛しているよ。(*´∇`*)

うちの近所で雨の日も必ず犬を散歩させてるおばあちゃんがいるのね。
その犬も年老いてるっぽくて歩くのはそんなに上手じゃないみたいなの。
で、その子、明らかにMIX犬で血統はなさそうなのね。
でもちゃんと毎日散歩させてもらって
毛の状態もきれいだからちゃんと手入れされて、
ご飯もおいしく食べてるんだろうなって感じなのね。
つくづく、本当に愛されてる子なんだなぁ、幸せそうだなぁって思う。
安く譲ってって人はなんで元々安いMIXの子を欲しがらなくて
産ませるのにお金のかかる血統のある子が欲しいのかなぁ?
うちに応募してくれる人の中には優良血統だからって人もいて
(別にたいした血統ではないんだけどね。)それは別に問題ないんだけど、
「血統重視の人」と「こういう風に大事にMIX犬を飼ってる人」なら
うちの子はこんなMIX犬のように大事に飼ってくれる人に
育ててほしいなぁ。('-'*)

私自身、じつはチャンピオンの子だというレッテルを軽視してるのよ。
繁殖者のお人柄とかで判断できればいいけど、
本当にチャンピオン犬の子なんかい?という気持ちが・・。
選ばれた犬から生まれた子だから素晴らしい子も多いんだけど、
交配料って高くてね。
20万もする子もいるのね。一回のエッチにだよ?
世の中には儲け第一の人もかなり多いのね。
悪徳ブローカーをバックヤードブリーダーって言うんだけど、
血統書なんて申請するだけだからって
儲けるために、てんかんを持つや皮膚病になりやすい子とかの
遺伝的な欠陥のある安いチワワと交配させて
チャンピオン犬の子でもないのにそういうふうに申請して
「これはチャンピオン犬の子なんです」
って売ってること、びっくりするくらいに多いよ、いや、本当に。

バックヤードブリーダーは産ませれば産ませるほど儲かるから、
母体の体調や時期や数を無視して産ませるから、世話をしきれなくて、
最悪の環境で子供を産ませるのも当たり前なの。
JKC不良ブリーダーの実態!!!!
悪質な動物取扱業の問題
そしてそのバックヤードブリーダーはお金儲けの為に
チャンピオン犬直子(なおこちゃう、ちょくし)だと、
値段も一気に上がるから、平気で親が違うのにそういって申請するのね。


私は血統はチャンピオンとかは正直どうでもいいの。
だって子供育てるのに本当の意味がないし、私には関係ないし。
私がチワワを繁殖するのは飼い主が安心できる正しいチワワを
作りたいからと、チワワの血統を守りたいから。
2003年の交配の為に見つけた小梅のダンナ様もそういう目で探さなかったし。
ただ、このオスと交配したらうちの小梅にすごくチワワな子が生まれるな
と思ったらそのオス犬がチェンピオンの血を濃く持っていたということはありますよ。

正しく繁殖している人はやっぱりチャンピオン犬だと、
スタイルの点でもやはり優れているから
スタンダード(優良スタイルの基本)なチワワを作り出すために
チャンピオン犬を使うことも当然ですが、
母体のタイプによってはチャンピオン犬のAと交配するよりも
タイトルはないけどBの子と交配したほうが
より理想的なスタンダードな子が生まれてくるだろうと計算して、
わざわざノータイトルの子と交配させることもあります。
スタンダードにこだわればの話ですよ。('-'*)フフ

スポンサーサイト


01 思案編 | コメント(0) | トラックバック(0)2006/06/11(日)13:53

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

チワワ研究所長

Author:チワワ研究所長


こちらはリンクフリーです。
直接リンクしていいですかとお問い合わせいただくこともありますがいかなるサイトにリンクされていても当研究所は関係ありません。


私を含めた飼い主達が皆で高めあってチワワ飼いのスペシャリストになるためのブログです。

ここには私の犬舎のホームページ内にあったチワワ研究所の内容をひとつのブログとしてまとめました。


個々の考え方などで違いもありますし、人ですので書いていることに間違いもあるかもしれません。
『こういう意見もあるんだ』という程度で見ていただき、ご自身で考え、ご判断下さい。

質問受付

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。