スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

チワワの出産の理解度 犬と人とは違います。

■--チワワの出産の理解度 犬と人とは違います。
>>>もんも -- 2004/12/25-05:25..No.[48]
---------------------------------------------
ちょっとあるサイトで
「38kgのわたしだって立派に出産したわよ」
という書き込みを発見しました。

人の出産とチワワの出産を一緒にできるのか。
その人を非難する煽りをする必要は私にないのでそのレスはしませんが
これはチワワの出産の根本の一つに当たると思い、
研究所にて私の意見を書かせていただきます。



人で38kgで3キロの子供として、子供は母親の1/13。
チワワで2kgで1匹100gとして0.5kgの子供として1/4。
本気で小型犬の出産を理解して欲しいな。

人でさえ、女が3000gの子供を産む落とす苦しさは
男に耐えられないのにチワワなら自分の1/4の体重分を産むんだよ?
38gのあなたが9.5キロの子供を産むことになる。
出産だけ考えても数字でどんなに大変なものかわかると思うし、
チワワの子は毎日10g大きくなっていくとして
赤ちゃんは排泄する量もあるから
1匹30~50gの栄養を摂取しなければならない。
毎日2kgのチワワは150~250gの栄養を排出となると、
38キロのあなたは赤ちゃんの栄養分だけでも
2.85~4.75kg飲み食いしなければならない。
当然、自分の栄養分も必要になるからそれ以上の摂取が必要だけど
それだけ飲み食いしてあなたに栄養を排出してあげることができる?

犬の出産を人の出産と一緒にしてはいけません。
人の場合は医学が発達してなんなり補うものもあるし、
国が助けてくれます。
チワワの場合は命の賭け具合は人の比にするべきものでなく、
獣医学も人のそれとは比べ物になりません。

もし、これを読んだ人が居れば、
もう一度、チワワの出産について考えて欲しい。

私が幼い頃は小型犬に子供を産ませることはその母親が死ぬことだと
教わりました。これは常識として認知されていました。
今では安易に子供を産ませる人が多いですが無知すぎる!
責任感の問題ではなく、ただ無知であると思います。

私の家の子は今のところ、無事、自然分娩で全員大きくなっていますが
これは奇跡です。
決して自分のチワワも無事自然分娩になると思わないで下さい。
私も複数のチワワを所有していますが
どんなチワワでも産ませようとするならば
必ず分娩で死ぬ子もいるでしょう。
本当に産ませるべきチワワを見定める判断力と
その為の経験が必要です。
私は我が家以外でも勉強によその出産の立会いをさせていただいておりますし
いろいろなお話を聞いて疑似体験を積極的にしています。
経験値に対する行動力と、
産ませるべきではないチワワの出産をあきらめる勇気を持つことが
本当の出産させるべき人が持つ第一条件だと思います。

産みたくても産み落とせない子がどんなに多いことか。
頭だけ出ているのにそれ以上出られず、
病院で首を落とされる子のどれだけ多いことか。
胸から先出られず、胴体を切断される赤ちゃんが
どれだけ多いことかあなたは知らない。

母犬は自分の子が体内から出てきたのに生きられなかったこと、
その子にお乳をあげられないことをしっかりわかっています。
出産直後の赤ちゃんを失った母犬の顔を見たことがあります。
その母犬は自分の子が出てこれず、
人の手によって死んだことまで理解していたのでしょうか?
その顔は悲しげというだけでは済まない悲しさを持っていました。
文句を言えないのでただその顔が痛々しかった。
なんで産まれなかったの?
なんで産ませようとしたの?
なんで私はこんなに心が苦しいの?
母犬の顔はそんな文句さえ言えない、
でもすべてを語る悲しさと空虚を持っていました。

生きているけど手術が必要な不憫な子もどれだけ出会ったことか。
無事に産まれなかった子も入れば、産まれてから亡くなる子。
産まれてからミルクを吸い込むことが出来ず、
どんどん衰弱していく赤ちゃん。
自分の手の中で冷たくなっていく赤ちゃん、どれだけ多いことか。
それを必死になめて暖めるチワワの母犬、
死んでいるのに、返して返してと赤ちゃんをそばに置きたがる母犬。

なぜ、あなたは赤ちゃんを産ませようとした。

チワワの出産は人の出産の命の掛け方の比ではありません。
比べるものではないのです。

私は小型犬の出産はプロの仕事と思っています。
もう一度、なぜ、あなたが
あなたのチワワに子を産ませる必要があるのかどうか、
また、あなたは本当に無知ではないのかどうかを考えてください。

スポンサーサイト


41 繁殖編 | コメント(0) | トラックバック(0)2006/06/11(日)13:16

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

チワワ研究所長

Author:チワワ研究所長


こちらはリンクフリーです。
直接リンクしていいですかとお問い合わせいただくこともありますがいかなるサイトにリンクされていても当研究所は関係ありません。


私を含めた飼い主達が皆で高めあってチワワ飼いのスペシャリストになるためのブログです。

ここには私の犬舎のホームページ内にあったチワワ研究所の内容をひとつのブログとしてまとめました。


個々の考え方などで違いもありますし、人ですので書いていることに間違いもあるかもしれません。
『こういう意見もあるんだ』という程度で見ていただき、ご自身で考え、ご判断下さい。

質問受付

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。