スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

片玉の子の繁殖について

■--片玉の子の繁殖について
>>>J.S -- 2003/08/25-23:26..No.[20]
------------------------------------------
はじめまして。
ウチには1才2ヶ月になる♀と1才1ヶ月になる♂が居て将来的には、このコ達で子供を欲しいと考えていたんですが、男のコの方が片方の玉が、お腹にあるみたいなんです・・・。
子供は諦めた方が良いんでしょうか?


可愛い我が子。それゆえに2世をと思われる気持ち、
私も同様なのでよくわかります。(*´∇`*)
J.Sさんは本当に我が子が可愛いんですね。

まず、片玉の問題点のお話は研究所の(病気編)に追加しておきますので
どういうものなのかをご覧下さい。

2世の件なんですが・・。
本来の繁殖に関する一般的な基本点の一部をあげると
・遺伝子欠陥のある子は繁殖しない。
・初ヒートの交配は避ける
・連続交配させない
・色素の薄いチワワ同士を交配させない
などいろいろと決まりごとがあります。
こういった基本点を考えずにムチャな交配させる人のことを
バックヤードブリーダー、繁殖屋、犬屋と呼ばれ嫌われています。

それぞれには意味があり、これらの私なりの詳しい解釈はこの繁殖編に新しいスレとしてあげておきますので、お暇な時にでもご覧下さい。

悲しい現実ですが、片玉は遺伝子欠陥になります。
遺伝子欠陥を持つ子が繁殖に向かないのは、その血をつないで
その子孫にその同じ遺伝子欠陥が発症する可能性があるからです。
いつまでも無事な子も他の欠陥に比べ多いので、
欠陥としては甘く見られているのか、
今までの繁殖に携わる人の勉強不足なのか、
どんどん片玉の子を繁殖した為、片玉の子は異常に多いです。

病気編であげていますが、無事に生涯を終えてくれる子になれば一番なんですが、もしも、苦しい生涯を送らなければいけなくなった時・・。
誰に責任があるんだという話になったとき、
誰がつらい思いをしなければいけないのでしょうか・・。
私は勉強不足から、片玉の遺伝子をつなげたことが1度あります。
片玉は欠陥であると知りながら、チワワ専門店と言われるお店のオーナーを信用して、パパ犬を紹介してもらい、交配の後日にその犬が片玉であることを人づてに知りました。
悲しかったですよ・・、健康な子を産ませたかっただけに・・。
つらかったですよ・・、もしもそれが原因で何かあったらと思うと。
その子供達が全員、きちんと両玉が出てくれたと聞いたとき、
どれだけ安堵したでしょう。
しかし、遺伝子欠陥をつなげた場合、その子に子供ができたならば、再び、不安に打ちひしがれることになり、どうか、正常な血が勝ってくれ、無事に成長してくれと祈る毎日になります・・。

J.Sさんがどれだけその子を愛されているかと考えるとつらいです。
やはり、本能の話で、血を受け告がせてあげたい気持ちは
その子を可愛がっていればいるほど当然だと思います。
その子を繁殖させるさせないは、第3者には決定権はありません。
ただ、私のようなつらい思いをして欲しくないなとは思い、
また、もしかしたら無睾丸症で産まれてくるかも知れない仔犬の為に、
ダメだとはっきり伝えるべきではとは思います・・・。

スポンサーサイト


41 繁殖編 | コメント(1) | トラックバック(0)2006/06/11(日)12:33

コメント

**ご報告**
このレスを書いた次の日、J.Sさんから直接メールを頂きました。
以下の内容で、厳しいながらにご決心されたそうです。
私はこの厳しくつらい決心をされたJ.Sさんを尊敬いたします。
=======================================================
お返事どぅもありがとぅございましたっ。
レスを読んでウチのコ同士での繁殖はしない決心ができました。
今までイロイロなところで質問してみても曖昧なお返事だったりで、
なかなか決心できずにいたんです。

2006/06/11(日)12:33| URL | もんも #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

チワワ研究所長

Author:チワワ研究所長


こちらはリンクフリーです。
直接リンクしていいですかとお問い合わせいただくこともありますがいかなるサイトにリンクされていても当研究所は関係ありません。


私を含めた飼い主達が皆で高めあってチワワ飼いのスペシャリストになるためのブログです。

ここには私の犬舎のホームページ内にあったチワワ研究所の内容をひとつのブログとしてまとめました。


個々の考え方などで違いもありますし、人ですので書いていることに間違いもあるかもしれません。
『こういう意見もあるんだ』という程度で見ていただき、ご自身で考え、ご判断下さい。

質問受付

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。