スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

ロングチワワとスムースチワワが結婚

■--ロングチワワとスムースチワワが結婚
>>>*** -- 2003/08/17-14:01..No.[14]
---------------------------------------
ロングチワワとスムースチワワが結婚する時、子犬はどうですか。
ロングとスムースが結婚してもいいですか。


チワワの毛の長さを決める遺伝子は"L"と"l(小文字エル)"と2種類だけで
優勢遺伝子であるLはスムースのような短毛で
劣勢遺伝子であるlはロングコートのような毛種になります。

******************************************
つまり、あくまでも確立の話で遠い祖先の血が出て、%の問題には
当てはまらないこともありますが、

祖先がほとんどスムースの子とロンチーが結婚すると、
その仔犬の毛に関する遺伝子は"Ll"となり、
lよりもLが表面化されるので、毛の長さは100%スムースということになります。

スムースのパパママ(仔犬の祖父祖母)がスムースとロンチーである場合、
スムースの毛の遺伝子は"Ll"で表面的には優勢遺伝子である"L”が出ることになります。
その"Ll"とロングコートの"ll"が結婚してできた子供は
"Ll"の遺伝子を持つスムースが50%、"ll"の遺伝子を持つロンチーが50%の確立で
出てくることになります。
**************************************************

血統書の問題をあげると、

『アメリカ』ではチワワはチワワであり、いろいろなカラーがあるのと同様に
そのバラエティとしてロングとスムースというカテゴリがあるとして
異毛種交配は禁止されていません。

『イギリス』では
異毛種交配はそれぞれを別々の犬種として扱っているので禁止されています。
ただし、メンデルの法則で"Ll"と"Ll"のスムースをかけてロンチーが出ることもあるので
その場合は特別に認められています。

『オランダ』では
事前にケネルクラブの承認なしでは認めていません。

『オーストラリア』では
昔は異毛種交配は禁止していましたが、現在では認めています。

『日本』では
1犬種2バラエティとして、FCIがそれぞれの交配が必要ないと判断されて
2分割されるまでは繁殖者の判断を尊重して認められています。




『イギリス』では
異毛種交配はそれぞれを別々の犬種として扱っているので禁止されています。

というのは毛質の配慮からというわけではなく、
かつてはチワワとしてスムースもロンチーも1犬種でした。
ショーの時だけ毛種別に審査して、勝った犬にそれぞれCCカードが与えられていました。
「CCカードが別に与えられるならば別犬種として登録するべきだ」
という提案がなされ、それを受理したというお話らしいです。

これをきっかけに異毛種交配は認めない、産まれた子の登録を認めないとなったそうです

しかし、これによって弊害が出てきました。
■血統書の偽造
異毛種交配であったにもかかわらず、仔犬を登録するために事実とは異なる親犬を血統書に記載するケースが表面化して血統書そのものの信憑性がなくなるような事になりかねる
■チワワの質
基本的に繁殖ベースは広いほうが良い犬の作出につながります。
毛種にこだわらなければならない状況では繁殖のベースが狭くなり
特にラインブリード(系統繁殖)がしにくくなってる現状だそうです。


どっちがどっちなんでしょうねぇ。
ある文献より参考に。

■反対派意見
・中途半端な毛の長さの子が産まれる
・スムースの質が落ちている
・やがて純粋なスムースが消滅してしまう
■賛成派意見
・10年以上ブリーディングして異毛種交配したが、これが原因で問題が起こったことは一度もない
・ロング同士から産まれた仔犬よりもスムース同士から産まれたロングの仔犬の方が毛質が優れている。


実際、スムースとロンチー(ロングコートチワワ)の交配の場合、どちらでもない仔は、ごくたまに生まれます。
胴体はスムースだけど、耳の飾り毛や尻尾などの部分のみ毛が長めの状態。

ロンチーの定義として、決められた箇所の毛が長ければロンチーとするので、このどちらでもない仔というのはロンチーとして扱われるが、私の知り合いの愛犬家は公の場ではなくロンチーでもなくスムースでもないその子を「スムロン」と呼んでいて、その呼び名がかわいいなぁと私は気に入っていますが。

そして、ロンチーはいろいろな犬種とスムースを掛け合わせて作られたチワワですが、パピヨンなどが入っているため、ロング同士で掛けていくとどうしてもパピヨン系の長い顔になっていきます。
だから、スムースを入れることでチワワらしい顔に戻していく。という意見もあり、これは私も賛成派の意見として正しいなぁと思いました。

スポンサーサイト


41 繁殖編 | コメント(0) | トラックバック(0)2006/06/11(日)12:32

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

チワワ研究所長

Author:チワワ研究所長


こちらはリンクフリーです。
直接リンクしていいですかとお問い合わせいただくこともありますがいかなるサイトにリンクされていても当研究所は関係ありません。


私を含めた飼い主達が皆で高めあってチワワ飼いのスペシャリストになるためのブログです。

ここには私の犬舎のホームページ内にあったチワワ研究所の内容をひとつのブログとしてまとめました。


個々の考え方などで違いもありますし、人ですので書いていることに間違いもあるかもしれません。
『こういう意見もあるんだ』という程度で見ていただき、ご自身で考え、ご判断下さい。

質問受付

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。