スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

悪徳ブリーダーの話で心配になった

■--悪徳ブリーダーの話で心配になった
>>>*** -- 2003/06/25-01:32..No.[1]
--------------------------------------

うちの子もペットショップから連れて帰ったたんですけど、
思案編にあった悪徳ブリーダーのサイトを見てとっても心配になってしまいました(×_×;)
家の近くの獣医さんに見てもらった時(健康診断)は全然大丈夫って言われたんですけど、今ももちろん何事も無く元気なんですけどね、
これから大きな病気にかかってしまったら・・・
と思うと心配でたまらないんです。


ただ、基本的に大きな病気ってのは発病する子ってパターンがあるみたいです。
ハスキーやゴールデンやラブラドールやダックスが
すごく疾患を持ってる子が多いんですよ。
ブームになって売れるから異常な繁殖をした結果、
遺伝疾患を持つ子を増やしていったんですね。
チワワは正直今ブームになっているけど2002年の夏くらいから
どんどん異常な繁殖を仕掛けたような状態だと思います。
ブームになる子は異常な繁殖をされるものだと思ったほうがいいでしょうねぇ。
今、コーギーの骨というか椎間板の遺伝疾患も多くなってるらしいし・・。
(まぁコーギーの場合は正しい育て方を知らない人が飼ってるのも原因ですが)

たとえば皮膚病になりやすい子は梅雨ごろに発病しやすくて
体に湿疹が出て痒くて掻く+皮膚が傷つく+毛が抜け落ちる+悪化するとかね。
てんかんを持つ子はもともと行動が不自然なところがあったり、
白血病になりやすい子は散歩が長くできないとかが統計的に多いようです。
チワワは30分が適切な運動時間で仔犬だともうちょっと少ないでしょう。
それを目安に安心できれば。。
まず、安心して欲しいのはチワワは原種の犬種とされている点なんです。
交配に交配を重ねて完成した犬種ではないです。
ゴールデンやダックスやコーギーは作られた犬種です。
人の都合に合わせて進化させた犬は下手な交配に得に弱く
疾患になりやすく、原種の犬種は内的に強いと言います。
実際、チワワを飼ってる他の人とと深く交流されたらわかると思いますがチワワを飼ってて大病になった人は他の犬種に比べてかなり少ないです。
外的な要因の(骨折とか)病院通いと年をとってのガン化くらいじゃないかなぁ?
ただ、今ブームだし、多分チワワはハスキーやゴールデンに比べても
日本の家に適してるのでブームは収まっても求める人は多いでしょう。
とんでもない異常な繁殖をくりかえしてくりかえして多分あと4年後くらいに内的疾患の持つチワワが生まれてくるのではないかと思っています。

正直を言う2003年現在での今までの繁殖では
皮膚病やてんかんや血の病気はあまりなくて、多いのは片玉や玉なしの遺伝欠陥。

タマタマがちゃんと二つ飛び出していますか?
二つとも同じような大きさで小さすぎず、大きすぎないですか?

片玉、玉なしはタマタマが内部に付着して降りてこない症状で
無睾丸症というのですが、それが内臓に付着して睾丸腫瘍を発症します。
睾丸腫瘍とは睾丸に出来る腫瘍で腫瘍化した細胞から
女性ホルモンが多く分泌されるので、長期にわたる全身の左右対称性の脱毛、ふけ、色素沈着、雌性化(乳房腫大)などの症状が出ます。
陰嚢内にある場合は腫大、腹腔内にある場合は腹部の硬結、膨満になります。
これがかなり多いです。
多分、私の見てきたオスチワワの30~40%が無睾丸症になるのではないかと・・。
人と同じ生活をしているせいか、他に目立つ病気がないのかわかりませんが病院の先生いわく、メスは乳がん、子宮ガンを発病することが多いとか。
まぁ私は癌はドッグフードが原因の一つだとも思っているのですが。

だからうちで産まれた子は繁殖目的がない人には全員去勢を検討してもらいました。
これは私の意志だけでなく、真剣に考えてくれる飼い主様に
めぐり合えたから、それぞれで去勢を考えてくれたり、どうしようかと
相談してくれたからなんですが・・。

まず、ヒート期間(発情期間)に様々なホルモン分泌を行いますが、
去勢不妊手術後はそのような分泌は永久に止まり、
ホルモンのレベルは通常時期と同じ状態になり、
前立腺癌、睾丸腫瘍が発生する確立は大変低くなります。
タマタマの手術ならまだ簡単だから
麻酔の量を失敗するくらいでしか、死ぬようなことも少ないし。ヾ(・・;)ォィォィ

まず、無睾丸症の子はガンになりやすい子がどうかだけ
心配されてはいかがでしょう?
まず、ガンを発症するのは多分6歳過ぎてからでしょう。
できれば早い時期に手術の上手な先生に去勢してもらうほうが
繁殖しないなら本人もストレスも減るし回復力も良いし
適能しやすいし危険もなくなります。
ただ、麻酔が上手でないとそのまま帰れなくなったり、
手術の恐怖心からお腹を触られるのをきちがいのように嫌う子になったりの覚悟も必要だと思います。
まだまだ時間はあるのでじっくり考えてみてください。
病院に関しては、大阪北摂地方になりますが、
うちの里子の桃太郎が千里丘で手術してもらいましたが、
まだ手術して3日もたっていない状態で、
遊びに行ったら傷もその周りも本当にきれいで触っても痛がらないし、
先生の腕もかなりよさそうでした。
もしも覚悟をされたときはそういうポイントを目安に、
今行かれてる病院で手術をした子を探して
様子を聞いたり、すでに手術をされた方に病院の様子や術後の様子を利いてみたれたらいかがでしょうか?

スポンサーサイト


31 病気編 | コメント(1) | トラックバック(0)2006/06/11(日)11:09

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2015/09/03(木)08:03| | # [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

チワワ研究所長

Author:チワワ研究所長


こちらはリンクフリーです。
直接リンクしていいですかとお問い合わせいただくこともありますがいかなるサイトにリンクされていても当研究所は関係ありません。


私を含めた飼い主達が皆で高めあってチワワ飼いのスペシャリストになるためのブログです。

ここには私の犬舎のホームページ内にあったチワワ研究所の内容をひとつのブログとしてまとめました。


個々の考え方などで違いもありますし、人ですので書いていることに間違いもあるかもしれません。
『こういう意見もあるんだ』という程度で見ていただき、ご自身で考え、ご判断下さい。

質問受付

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。