スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

セロイドリポフスチン蓄積症

1~∞歳頃

リソソーム貯蔵病で、性格の変化(攻撃性)、運動失調、頭部振戦、発作等が現れます。1~9才の成犬に見られますが、治療法はありません。

セロイドリポフスチノーシス(ceroid lipofuscinosis) セロイドリポフスチン蓄積症、神経セロイドリポフスチン症(NCL) 、バッテン病、シュピールマイアー・フォークト病、バッテン・メイヨウ病

セロイドやリポフスチンが臓器に蓄積する疾患です。かなりいろいろな名前で呼ばれているようで、分類も複数あるようでわかりにくいです。もともと人間の病気としてはバッテン病、イヌの病気として(神経)セロイドリポフスチン症と呼ばれていた病気が、病因同じということで最近ではセロイドリポフスチン症と呼ばれるようになってきた(発見者名を病名にする習慣は避ける方向なので)みたいです。数家族と教育関係者、専門研究者がインターネット上で連絡をとってます。その情報によれば、発症率は2万人に1人、(常染色体?)劣性遺伝、8種類のタイプに分かれる中の6種類まで原因遺伝子が判明しています。ライソゾーム病の一種なので、小慢および特定疾患の対象になってます。

とりあえず、こちらをご覧下さい。


ボーダーコリー 涼音
このボーダーコリーの遺伝病は数々の報道番組に取り上げられたので
TVでご存知の方も多いと思います。

Heredity01.gif

さよなら五右エ門・(CL病)より。

  この遺伝性を証明出来たのは、
  日本ではボーダーコリーが初です。
  しかし、この症例は日本で2犬種で確認されています。
  遺伝性が証明できていないだけで
  本当の日本で初の発症犬種は・・・・チワワです!


  もっと身近にあなたも一緒に考えるべきです。
  私達に何ができますか?
  誰が教えてくれますか?
  JKCは血統書発行するところであって
    健康保証するべきところではありませんよ。

無知な繁殖屋を撲滅するには
そういう繁殖屋を儲けさせないことです
犬を選ぶ時の為に見る目を養う努力を、
これから飼う人がより高いレベルの知識を持つことが
遺伝病撲滅に役立つのです。

スポンサーサイト


33 チワワの病気 | コメント(1) | トラックバック(0)2008/01/28(月)19:54

コメント

チワワのライソゾーム病

初めまして、知人のチワワが、昨年の12月に日本で2例目のライソゾーム病と断定されました。
疑わしきは10数例だそうです。
今回も最初は網膜萎縮と診断され、見過ごされるところでしたので、実際にはもっと沢山の子がキャリアだと思います。

ブリーダーさんへの話もしていますが、なかなか思うような返事がもらえません。

このままでは、もっと広がってしまいます。
遺伝病をなくす為にご協力いただけませんか?

2011/01/07(金)01:14| URL | 犬との架け橋 #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

チワワ研究所長

Author:チワワ研究所長


こちらはリンクフリーです。
直接リンクしていいですかとお問い合わせいただくこともありますがいかなるサイトにリンクされていても当研究所は関係ありません。


私を含めた飼い主達が皆で高めあってチワワ飼いのスペシャリストになるためのブログです。

ここには私の犬舎のホームページ内にあったチワワ研究所の内容をひとつのブログとしてまとめました。


個々の考え方などで違いもありますし、人ですので書いていることに間違いもあるかもしれません。
『こういう意見もあるんだ』という程度で見ていただき、ご自身で考え、ご判断下さい。

質問受付

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。