スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

交配の判断について?

--------------------------------
送信者:宮内(*****@ruby.ocn.ne.jp)
日付:2009/03/28 23:25:15
件名:交配について
--------------------------------
初めまして宜しくお願いします。
現在4歳6ヶ月(レッド&ホワイト)になるメスに交配を考え
本やネットでいろいろ調べています。
獣医で健康診査を受け、
骨盤、採決も異常なく
体重も3.4キロとややスタンダードより大きいので、
食事(オーガニックドッグフードと夕食は野菜とささみなどの煮込み)と
運動をしています。

今まで仕事をしていて
今やっと付ききりで面倒が見られるので決心したのですが、
交配相手のブリーダや、獣医を何軒か廻るうちに
チワワを商品価値としか考えていないように思え、
自分の無知さも思い知らされました。

どのブリーダーが信用できるのか、どの獣医が良いのか。
自分の子供をを生んだときより難しい。
母体が犠牲になることを思うと先に進めなくなったり、
一人で試行錯誤して悩んでいます。
ヒートの予定が5月ころなのですが、
今からでは間に合わないでしょうか。
ご指導のほど宜しくお願いします。
--------------------------------


むー。ごめんなさい、正直に申し上げて
何に対して「指導」を求められているのかわからないです。

文章内容では、すでに子供を作る気で
それに対して強い思いがあるように思われます。

私が読むのに難しいと言っている部分は
・交配をすることに迷っている
・5月に交配できるかどうかを知りたい
・絶対5月のヒートで交配したいがどこのブリーダー・獣医を選べばいいのかわからない
というように、どれを思って連絡されたのか、
何を聞きたいのかわからないということです。

ただ・・このような状態であれば、
はっきり言えることは
5月のヒート時の交配はあなたの力不足なので
あきらめましょうということです。

そして、いろいろ調べていらっしゃるようですが、
調べなければならない大事なことは
その犬に子供を産ませていいかどうかの
判断できるようにコトを進めることです。

たとえば、その犬の両親を見ていますか?
兄弟姉妹・祖母・祖父・曾祖母・曽祖父を
自分の目で見て確かめましたか?

安易に交配をしたくなければ
スタンダードをきちんと理解できるように
ドッグショーなどで目で見て触って
本当の意味でのスタンダードを学び、
チワワとして、悪い部分を学び、
それらの判断ができるだけの知識を得る。

そして本当に自分が作りたいと思えるチワワ像を固め、
その知識を持って、
4代先までの祖先すべてを見て触って
自分の求めるチワワが作れるかどうか、
足りない部分を補うには
どういうタイプの子と交配するべきなのかを判断できるほどの知識を持つ。

その為にはどこに
交配したいタイプがいるのかがわからないといけない。
サイトの写真だけではダメです。
実際に見て触って性格を確かめて。
完璧なスタンダードはいません。
お互いを補い合って更に素晴らしい純血を作る。
見る目を養うことが一番大切です。
オスだから、おチンチンがあればいいというものではありません。

まず、第一段階でこんな感じです。

これ以外にも産婆としての技術も必要ですし
未熟児を育てる為の技術も必要だし
・・・殺さなければいけない子ができた場合、
その首をひねる覚悟も必要になるかもしれません。
目がない子ならば、鼻腔裂くらいならば育てることもできますが
肛門がないなど生きていけれないような奇形児の場合
ほおっておいて苦しませるだけ苦しませて
自然に死ぬのを待つこともできますが
そういうことがあるかもしれないことを覚悟していないならば
いっそ、出産はあきらめましょう。

正直、私は純血種の産出はプロの仕事と考えています。
今まで素人の産出も何度か見ていますし
横つながりの関係で聞く噂にも
出産には恐ろしい話がたくさんあります。
2匹目が欲しいならば
わざわざつらい思いをするくらいならば
つらいかもしれない行為は
そういうプロに丸投げして「いいとこ取り」というか、
結果だけみて2匹目を選ばれたほうが幸せなこともあることを
よくご検討してみてください。

スポンサーサイト


41 繁殖編 | コメント(0)2009/04/07(火)00:49

«  | HOME |  »


プロフィール

チワワ研究所長

Author:チワワ研究所長


こちらはリンクフリーです。
直接リンクしていいですかとお問い合わせいただくこともありますがいかなるサイトにリンクされていても当研究所は関係ありません。


私を含めた飼い主達が皆で高めあってチワワ飼いのスペシャリストになるためのブログです。

ここには私の犬舎のホームページ内にあったチワワ研究所の内容をひとつのブログとしてまとめました。


個々の考え方などで違いもありますし、人ですので書いていることに間違いもあるかもしれません。
『こういう意見もあるんだ』という程度で見ていただき、ご自身で考え、ご判断下さい。

質問受付

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。