スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

新聞を破るんです。

> ■--新聞を破るんです。
> >>>*** -- 2003/06/01-13:07..No.[9]
> --------------------------------
>
> ロングチワワ(1歳♂、5ヶ月♂)を飼っているんですが、
> ケージの中に敷いている新聞を二人でビリビリに破るんです。
> おかげで部屋中新聞だらけです。
> やめさせる方法ってありますか??


子供の頃ケージをおいてそこでご飯とトイレをしつけたのですが、
その頃はトイレシートや新聞紙をびりびりにしてしまうことが
よくありました。
その度に片づけて新しいものに取り換えていました。
ケージを使わなくなってからは
トイレシートを破ることはなくなりました。
狭いケージがストレスだったのかなぁ~?
(閉じ込めていたわけではないんですが。。)
なんのアドバイスにもなってないですが
・・・仕方ないなぁ。。って気持ちで
見てあげてみてはどうでしょうか?
ケージが取れたらそんなこともなくなると思いますよ~。


Σ(゜д゜;) ヌオォ!? そういえば、
知ってる子の新聞ビリビリの場合って
ゲージの中でってことをよく聞くなぁ!
そっかぁ、ゲージのストレスから新聞を破くって可能性もあるのか!
素晴らしい!

うんと、ストレスが起因だとすると、
他の行為に移行させることも可能なのかなぁ。
人の赤ちゃんの夜鳴きもゆすってあげ続けたり、
充分遊んであげたりすると
夜鳴きが止むって育児書にも書いてあるから、
これも赤ちゃんが寝ることによって、
私も小さいときに感じてた寝るのが怖い
(そのまま死んじゃったらどうしようって思ってたなぁ)っていう感情がストレスとして感じてるとしたら、
ゆすり続けてあげるってことが
その怖いの感情を安心させてあげる行為として
ストレスを移行させてあげていたのかもしれない。
(ノ゜ο゜)ノ オオオオォォォォォォ-、
なんか他のことまで考えられた!
えっと、余談でした。

ブツは新聞だもんなぁ。
今までは私はストレスの可能性を忘れていまして。σ(^_^;)アセアセ...
その他の可能性の点で考えていたのが、
音やその破く時の刺激が面白くて人間でもそれするもんなぁってところです。
うちの場合はティッシュを引き出したりとか。
障子を破いてまで、縁側に飛び込んで、
届くところの障子は全部破っちゃうとか。σ(^_^;)アセアセ...

うちの子もトロさんのところみたいに、
仕方ないなぁって感じでいつの間にか終わっていました。≧(´▽`)≦アハハハ
うーん、大概、数ヶ月くらいにはそういう行為がなくなっちゃうので、どうしてもダメなものだけは
手の届かないところに置いておくって感じだったもので、
思いっきり叱ることはなかったなぁ。
あ~、こんなことして~!って迷惑なんだぞ
ってオーラだけ出して目を見つめただけかな。
うちの子の場合は「悪いことなんだ」って反省してる顔してたし。
他のもっとお気に入りになるおもちゃを与えるのも手だとも思います。
まぁ、まだ5ヶ月なんだから、そういうことしますよ。≧(´▽`)≦アハハハ

スポンサーサイト


11 愛育編 | コメント(1) | トラックバック(0)2006/05/29(月)21:32

コメント

失礼します

私はドッグトレーナーをしています

どのお話も
とても勉強になり
しょっちゅう閲覧してます○┓

ただひとつ
犬とは本来
巣穴で生活してきた生き物なので
周囲から攻撃されることのない
暗くて狭いところが本当ならば
1番落ち着ける場所なんです
実際に犬を叱ると隅っこや物の下にに隠れて
耳を倒したりしませんか?

犬本来の生態を考えれば
ゲージやキャリーケース、サークルをハウスとして育てるのが1番です

最近では
クレートに慣れていないがために
クレートに入れると吠える

災害時の避難所に連れていけないとゆう相談も増えています

犬も人と生活するうちに
犬らしい行動がわからない子や
犬社会でのルールのわからない子がたくさんいますが
本当ならば
飼い主の管理できない状況(留守やお風呂、ご飯のとき)では
ハウスさせる
これはクレートトレーニングをすることが大切で
加齢するほど飼い主の努力が必要ですが
テリトリーが広くなればなるほど
守る場所が多くなり
より多くのストレスの原因となります

新聞紙のいたずらが困るのなら
犬をフリーにする前に
片付ければいいわけで…

犬の問題行動の原因を作っているのは人間の方です(∵`)

2011/05/24(火)18:06| URL | COCO&NUTS #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


プロフィール

チワワ研究所長

Author:チワワ研究所長


こちらはリンクフリーです。
直接リンクしていいですかとお問い合わせいただくこともありますがいかなるサイトにリンクされていても当研究所は関係ありません。


私を含めた飼い主達が皆で高めあってチワワ飼いのスペシャリストになるためのブログです。

ここには私の犬舎のホームページ内にあったチワワ研究所の内容をひとつのブログとしてまとめました。


個々の考え方などで違いもありますし、人ですので書いていることに間違いもあるかもしれません。
『こういう意見もあるんだ』という程度で見ていただき、ご自身で考え、ご判断下さい。

質問受付

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。